ライブ ディーラー バカラ:知っておきたいこと

ライブ ディーラー バカラ:知っておきたいこと

バカラは、長く魅力的な歴史を持つカードゲームです。特にカジノで人気があるのは、ベット上限が高く、天文学的な勝算があるため、賢くプレイすればとても楽しいゲームになる可能性を秘めています。

 

ランドでのバカラのハイローラールームの伝統は今日も健在ですが、現代ではより身近にバカラを楽しめる方法が、オンラインカジノです。

 

オンラインカジノは入金不要のボーナスなど、プレイヤーが少しでも有利にゲームを進められるようなインセンティブが用意されながらも、ハイローラールームに漂う優越感を払拭し、誰にでも公平にプレイできる環境を提供しています。しかしながら、現代のテクノロジーの発展は目覚ましいものがあり、ライブ ディーラー バカラ が注目を集めています。

 

なぜならば、このバカラは、最新のビデオ ストリーム方式により、人間のディーラーとの緊迫した直接のセッションを体験しながら、気軽にマイホームにてこの伝統的なライブのテーブル ゲームを楽しむことができるからです。

 

バカラインターフェースを利用して賭けができるため、オンラインプレーの利便性と、ランドベースのカジノ体験での共同体的なやり取りの、完璧なバランスを保っています。

 

バカラ とは、どの賭けをするかということ以上の戦略性を持ったゲームではありません。バンカーハンド、プレイヤーハンド、またはその両方が3枚目のカードを手にするかどうかはバカラ ルールで決められ、ベッターやディーラーに選択肢はありません。その代わり、バカラ 必勝法は、バンカーに賭けるか、プレイヤーに賭けるか、あるいは冒険好きな人は引き分けにするか、に重点が置かれています。そして、いくら賭けるかにも重点が置かれています。

 

バカラゲームは、王室のスキャンダルやジェームズ・ボンドなど、魅力的な歴史に彩られたカードゲームです。ここでは、バカラがいつ、どこで生まれたのか、どのように今日のゲームに進化したのか、なぜ世界中で普及したのかを簡単に説明します。

 

イタリアで誕生

Picture6 300x200 - ライブ ディーラー バカラ:知っておきたいこと

Pexels

起源については現在でも議論がありますが、中世のイタリアまでさかのぼると言われています。1400年代にイタリアでフェリックス・ファルギエールまたはファルギエリンという人物によってバカラ「Baccara」が作られたとする説が有力です。彼は、10とフェイスカードの価値がすべてゼロであることから、イタリア語で「ゼロ」を意味する「バッカーラ」と名付けました。(その後、フランス語の「Baccarat」という表記が世界的に採用されました)。現在では、3つのバリエーション(プントバンコ、ケミー、バカラバンク)があり、世界中のカジノで多くの人に遊ばれています。

 

フランス、イギリスへ上陸

15世紀末にイタリアとの紛争からフランスに帰還した兵士によって、初めて持ち込まれました。シュマン・ド・フェール「Chemy」と呼ばれるようになり(英語ではRailway)別のバリエーションが考え出されました。これも1830年代後半、フランスでいち早く列車を利用した貴族たちが、列車での暇つぶしとして考案したと言われています。このゲームは、シャルル8世と彼を取り巻く貴族たちが好んでプレイしたといわれています。バカラはすぐにフランスの貴族の間で大流行し、数世紀にわたってその状態が続きました。

 

バカラの次の大きな動きは、海峡を越えてイギリスへ渡ったことです。イアン・フレミングはそこでバカラの遊び方を学び、世界で最も有名なバカラプレイヤーであるジェームズ・ボンドを生み出しました。ボンドは世界で最も有名なバカラプレイヤーだと言えますが、バカラの人気は、ジェームズ・ボンドのデビュー作「カジノ・ロワイヤル」の公開で盛り上がりました。

 

アメリカへ上陸

その後、1950年代後半にトミー・レンゾーニがアメリカ・ネバダ州ラスベガスのサンズカジノに持ち込んだ。

 

バカラは、ルーレットやスロットマシンのように、カジノで遊ぶ人々の間で流行ることはありませんでした。そこで、カジノのオーナーは、最低賭け金を高く設定し、高級な革張りの椅子を置いた特別な部屋にテーブルを置き、一部の人のためのゲームとして売り出したのです。当然、バカラゲームはさらに注目を集め、その魅力はさらに増しました。

 

アメリカのハイローラールームは、裕福な人々が多額の賭けをすることができる、このゲームにとって自然な場所でした。

 

19世紀後半には、バカラゲームは海を渡り、南米やカリブ海に移動しました。バカラはプントバンコと呼ばれ、様々な形で現地の文化に適応していきました。主な変更点のひとつは、4人のグループでプレーするのではなく、現在の習慣のように、各プレーヤーはハウスに対してのみ賭けるようになりました。それで、このバカラは「アメリカン・バカラ」と呼ばれるようになりました。このちょっとした変化により、このゲームは、主に上流階級の人たちが楽しむものになったのです。

 

今日のバカラ

バカラはここ数十年の間に、オンライン・ギャンブルとカジノの普及により、さらに人気が高まりました。ジョン・W・ゲイツやジェームズ・ボンドといった大物プレイヤーは、華やかなカジノでプレイしていたかもしれませんが、コンピュータやスマフォで、この歴史的なゲームを手軽にプレイできるのは、とても魅力的なことですね。

マカオは今や世界のバカラ・ホットスポットと言われており、ラスベガスを凌駕したといわれています。

 

オンライン ライブバカラでスリルを味わう

 オンライン ライブバカラは、ゲームによって提供される大きな利点のために、これまで以上に成長しています。ライブ ディーラーバカラは、最高のカジノ体験をすることができます。

 

1.    安心感

ライブ ディーラーバカラは、オンラインカジノの不正行為に懐疑的なギャンブラーにとって理想的なゲームです。ライブディーラーとバカラをプレイすることで、何が起こっているのかをリアルタイムで見ることができます。これは、オンラインサイトのソフトウェアが不正であると言うことではなく、そのような苦境はライブゲームでは無効であることを意味します。お勧めのサイトでプレイすれば、安心してプレイできます。

2.    選べるディーラー

ライブ ディーラーバカラでは、お客様がディーラーを選ぶことができるので、より一層お楽しみいただけます。魅力的な服装の男性や女性から、カードを配るのを楽しみにしているディーラーをお選びいただけます。

3.    本物の人間ディーラー

バーチャルバカラソフトウェアは、ゲームの核となる要素で、それは本物のディーラーを見逃しますが、ライブ ディーラーバカラでは、本物の人間のバンカーが登場し、ビデオストリームを通してリアルタイムでディールやムーブを行います。ディーラーはヘッドセットとマイクを持っているので、あなたと気軽に会話をしたり、質問に答えたりすることができます。

4.    利便性

ライブ ディーラーバカラは、自宅にいながらにして本物のカジノに近い感覚でプレイすることができます。テーブルを持ち込むことができる利便性は見逃せません。ドレスコード、照明、音楽、雰囲気など、あなただけの体験ができるのです。車を運転すること、駐車場代を払うこと、ゲームをするために長い列で待つことを忘れることができます。

 

ライブ ディーラー バカラの基本戦略

 ライブ ディーラー バカラの戦略やチップはほとんどありません。このゲームにはほとんど戦略がなく、ハンドの展開に逸脱は許されません。

 

主なアドバイスは、タイベットやその他のサイドベットを避けることです。これらの賭けは魅力的に見えますが、ハウスエッジが高くなる傾向があります

 

ライブ ディーラーバカラのルール

 ライブ ディーラー バカラは、スキルを必要とせず、素早く簡単にプレイできるゲームです。あなたが行う唯一の決定は、ハンドの開始時に賭け金を置くことです。典型的なラウンドは以下のように展開されます。

 

1.    カードが配られる前にベットを置く

 ラウンドの開始時に賭け金をオープンします。勝つと思われるハンドまたはサイドベットにチップを置いてください。しばらくすると、そのハンドのベットは終了します。

2.    両手が配られる

 ディーラーはバンカーとプレイヤーに2枚の手札を配ります。その後、テーブルルールに従って、それぞれのハンドは5以下のランクでヒットします。

3.    勝ちの手

 9に最も近い役が勝ち札となります。手札を足した後、一桁目を落とします。例えば、9と7で16となり、1が抜け、ゲーム内では6となります。

 

ライブ ディーラー バカラのバリエーション

 最も人気のあるバカラのバリエーションをいくつかご紹介します。

 

1.    プントバンコ

このバージョンは、8枚のカードではなく、6枚の52枚のカードでプレイされ、ベットオプションは通常のバカラと同じです。これは、オリジナルのゲームの最愛のバリエーションであり、多くの人が最も似ていると言い、ライブディーラーバカラでリアルマネーでプレイするのに最も人気があります。

 

2.    ヨーロピアンバカラ

最も顕著な変化は、ハンドの合計が5になったときに、プレイヤーがスタンドかドローかを選択できることです。通常のバカラでは、手札が5枚になったら、さらに1枚引かなければなりませんが、このバージョンでは、プレイヤーが選択すれば、スタンドすることができます。ヨーロピアンバカラでは、バンカーにカードを引くかどうかの選択肢があります。

 

 3.    ミニバカラ

このクラシックゲームのバージョンは、賭け金の制限が低いことが特徴で、大金を賭けないプレイヤーや限られた予算でプレイするプレイヤーに最適な種類です。一般的なバカラよりテンポが速いですが、8つの標準的なデッキと同じベッティングオプションが使用されています。

 

まとめ:類似点 相違点

人間関係

どちらの方法でも、コンピューターがディーラーを担当するオンラインバカラとは異なり、実際のディーラーが参加します。ライブテーブルを使用したり、近くのランドベースのカジノを訪れたりすることで、より人間的な触れ合いをすることができます。プレイヤーはディールと対話することができ、ゲームプレイをより共同的なものにすることができます。

高い限度額

オンラインバカラとは異なり、ライブディーラーバカラやランドベースの施設でのプレイは、運営費が高くなるため、ゲームに参加するための最低ベット額が高くなります。平均して、ランドベースのカジノは、よりコスト効率よく運営されているため、ライブディーラーのテーブルよりもリミットが低くなりますが、最低ベット額が高くなることが予想されます。